4.ツインレイ・ツインスター

ツインレイに出逢っている方へ〜真実の愛〜

動画再生時間
約5分
覚醒レベル
初級

ツインレイを叶えるヒーラー

クリスタルレイラです

人生というものは

この地球上で

魂・肉体・心

これらを持って

生きていると

「愛」というものが

理解できない人に

よく出逢って来ました

ツインレイは

まさに

その1人です

強烈に

「愛」に

気づかない「フリ」をしている人

誰よりも

スピリチュアル最先端で

生きているにもかかわらず

さらに上の魂階級に出逢った途端に

恐怖を

抱く

今までの「愛」

恋愛風、友情愛風、家族愛風、両親愛風、父親愛風、母親愛風、兄弟愛風、同級愛風、慈愛風、正義愛風

など

愛の「かたち」だと思い込んでいた

愛の風は

「ツインレイの真実の愛」とは

全く当てはまらない

愛の「かたち」のように見られる風景

「ツインレイの真実の愛」は、

すぐに、生まれるものではございません。

お相手に

出逢った時に

「真実の愛」を学ぶ相手だと

魂レベルで

惹かれ合いますが

この時点では

まだ「真実の愛」は

2人の間に

誕生していない状態なのです

精子と卵子が

出逢った状態

ここから

2人が

魂同士の愛の約束を

「かたち」にしていく

2人だけの

ラブロマンスが

始まるのです

ラブ絵ロマンスでもいいです

2人は出逢ったが最期・・・

地球の転生最期にすると

決めていますから

日々、様々な「宇宙のギフト」に

遭遇します

後に

どれをとっても

「最高の愛」ですが

実践中の

本人たちは

とてつもない

「過酷な試練」です

なので、

ツインレイのお相手以外のことは

すんなりと

トントン拍子に進む仕組みになっています

※ただし、やることをやっていればです

これらの

「試練」を乗り越えながら

お相手への

「真実の愛」を

理解していくのです

捉え方の、思考、視点、考え方

お相手の立場になるからこそ

実戦で

気づく仕組みに

なっています

最初は、

執着、わがまま、依存、嫉妬、独占欲、自分本位、主語が自分、相手を思い通りにコントロール、、など

魂の欲、エゴ、が大炸裂

逆に

相手を思いやり過ぎて

言えない、本音がわからない、我慢の塊、良い子のフリ、バカにされないように頑張りすぎる・・・

これら

究極の「エゴ」を抱えて

お相手との距離が

必然的に

できてしまう

という現象が起きる

人間は

「エゴ」「罪悪感」「裁判者」など

頼まれてもいないのに

演説や、知ったかぶりをしたくなる生き物なのです

強がってしまい

本当の弱い自分を

どのように表現したら良いのか

わからない

これが

「お相手」ではなく「自分」が起こしている現象

であることに

気づくまで

「エゴ」は

あなたに

とことん

ついて回るのです

「欲」「エゴ」は、

完全に取れるまで何度も何度も

「お試し」「試練」が

やってきます

これが

完全に

取り切れると

お相手への「愛」が

生まれてきます

これが、

「真実の愛」です

「利害関係のない思いやり」

です

一番強烈なのは

「嫉妬」です

お相手に

パートナーがいた場合

同性である

お相手のパートナーと

比べられたり

話にでて来るだけで

猛烈な強烈な過去最大級の「嫉妬」が

浮上してきます

これは

半端なく

マグマが噴火するがごとく

今までの感情と同時に

浮上するものなのです

相手を

本当に愛する

利害関係のない思いやり

相手に見返りを求めない、相手の幸せを願う

この思いやりの思い方に

無理があると

いつまでも

同じことを

繰り返して

しまうのです

お相手に

「会いたい」「話したい」「私だけを見て」「浮気しないでほしい」

という欲望は

心からの信頼・信用へと

変容することが

現実として

現れることが

あるのです。

無条件に、愛している、愛おしい、元気でいて欲しい、幸せになって欲しい、家族を大事にして欲しい、悲しまないで欲しい、心から笑顔でいて欲しい、楽しく笑っていて欲しい、我慢しないでいて欲しい、真実の愛だけで生きるために必要であればいつでも片腕にならせて欲しい、世界中のひとを幸せにして真実の愛を2人で叶えていきたい、

これくらい

自己犠牲なく

心から

願えることができるのが「真実の愛」なのです。